マンモグラフィ検査とは

マンモグラフィー検査で行われる検査方法

マンモグラフィー検査とは、乳房X線撮影装置を使って、乳腺に異常がないか確認する検査のことです。検査方法としては、装置に乳房を片方ずつ挟んで圧迫し、乳房を平らで薄い状態にしてからX線撮影をします。検査で乳房を圧迫する時間は、わずか数秒ほどです。

マンモグラフィー検査でわかることとは?

乳房を圧迫して平らで薄くした状態でX線撮影をすることで、できるだけ広い範囲を細かい箇所まで検査できます。乳房から脇の下辺りに位置するリンパ節に、小さなしこりやしこりを作らない乳がん、乳がんに進行する前の乳腺の石灰化など、視触診ではわからない早期の乳がんを発見ができます。

マンモグラフィー検査のメリット

乳腺エコー検査と違い、乳がんに進行する可能性がある乳腺の石灰化など、小さな乳がんを早期に発見できます。また、マンモグラフィー検査は、乳腺の密度が高いと診断が難しく、逆に乳腺の密度が低くなる40代以降の年代の方の乳がん発見率を高めることができます。

マンモグラフィー検査のデメリット

マンモグラフィー検査は、X線撮影によって体にわずかな量ではありますが放射線を受けて被ばくすることになりるので、お腹の胎児への影響を考えて、妊婦さんは受診することができません。さらに、撮影の際に乳房を圧迫するので、痛みを感じる場合があります。

マンモグラフィー検査の適齢期とは?

乳がんの発症率は、40歳を境に高くなることから、検査を受ける適齢期は40代以降の年齢の方となります。また、マンモグラフィー検査は、乳腺の密度が高いと有効性が低くなることから、乳腺の密度が高い20~30代の若い年代ではなく、乳腺の密度が低くなる40代以降の方に向いています。

マンモグラフィー検査はどれくらいの頻度で受けるべきか

マンモグラフィー検査を受ける頻度に関しては、視触診と併用して2年に1回は受けるように厚生労働省が推奨していますが、もし費用と時間に余裕があるのなら、検査を受ける回数を増やして、1年に1回の頻度で検査を受けるようにすることをオススメします。

国内最大級の人間ドック予約サイトの画像


Contents

マンモグラフィー乳腺エコー乳房MRI検査



ページの先頭へ