乳腺エコー検査とは
痛みもなく被ばくの心配もない乳がん検査

乳腺エコー検査で行われる検査方法

乳腺エコー検査とは、乳房に超音波をあてて画像化することで、乳がんの有無を調べる検査のことを言います。具体的には、仰向けに寝た状態になり、乳房の表面に専用のゼリーを塗ったら、プローブという超音波を出す器具を乳房の表面にあてて動かし、反射波(エコー)を画像化して検査します。

乳腺エコー検査でわかることとは?

視触診ではわからず、マンモグラフィー検査でも判断しにくい小さいしこりでも発見することができます。乳腺エコー検査で画像化すると乳腺は白く、がんは黒く映し出され、立体的に画像化されるので、しこりの大きさや形だけでなく、良性か悪性かといったことも大体見分けることができます。

乳腺エコー検査のメリット

乳腺エコー検査の場合、プローブという超音波を出す器具を乳房のあてるだけなので、検査の際に乳房を圧迫するマンモグラフィー検査のように痛みを伴うことはありません。また、マンモグラフィー検査のようにX線を使わないので被ばくのリスクが無く、妊婦さんでも安心して検査を受けられます。

乳腺エコー検査のデメリット

マンモグラフィー検査のように乳がんに進行する可能性がある乳腺の石灰化など、極小さな早期の乳がん発見は難しいようです。さらに、検査に携わる医師の知識や技術の差が影響する場合があるので、より高い技術を持った医師の育成が課題だと言われています。

乳腺エコー検査の適齢期とは?

乳腺エコー検査は、20~30代といった若い年代の方が受けるように勧められています。20~30代のような乳腺密度が高い若い世代の方に対して有効性が高く、仮に乳腺密度の高い20~30代の方がマンモグラフィー検査をすると、全体的に白く移り乳がんの有無の判断がしにくくなるようです。

乳腺エコー検査はどれくらいの頻度で受けるべきか

乳腺エコー検査は、マンモグラフィー検査と併用して受けることをオススメします。マンモグラフィー検査はできれば1年に1回受ける方が良いと言われているため、乳腺エコー検査も1年に1回マンモグラフィー検査と一緒に受けておけば問題ありません。

国内最大級の人間ドック予約サイトの画像


Contents

マンモグラフィー乳腺エコー乳房MRI検査



ページの先頭へ