田川市の乳がん検診の費用を調べる方法

12人に1人がの女性が乳がんになる危険が!

イメージ画像

最新のデータでは、女性の12人に1人が乳がんを発症しています。今まで乳がんは、40歳を超えた女性に急増すると言われていましたが最近は35歳以下の女性が発症する若年性乳がんが急増しています。若い時に発症すると『進行性乳がん』が多く発見が遅れると他の組織へ転移するために深刻な状況になるケースが多い病気です。

しかし乳がんは早期発見なら完治率が高いガンです。小さくても進行スピードの早い乳がんもあるので、自覚症状が無いからと安心しないで、早めに乳がん検診を受診しましょう。少なくても年に1回の検査が早期発見には必要です。

乳がん検診は受診方法により費用が変わります!

乳がん検診は「乳がん視触診」と「マンモグラフィ検査」と「乳腺エコー検査」を組み合わせて、乳がんかどうか良性か悪性か診断をします。また病院によっては、マンモコイルをセットした乳房MRIという高額な検査もあり適切な検査を組み合わせます。 また乳がん検診は婦人科検診やレディースドックでも受診できます。それぞれの費用の相場をご紹介します。

乳がん検診の費用の相場

乳がん検診で行われるマンモグラフィ検査の相場は、4,000円~8,000円くらいです。
乳腺エコー検査の相場は3,000円~6,000円で、両方を受診しても7,000円~12,000円です。

婦人科検診の費用の相場

女性特有の病気は、乳がんだけでなく子宮頸がん、卵巣がんも多く、乳がん検診と子宮がん検診を同時に行うのが婦人科検診です。 乳がん検診の費用に子宮体がん・子宮頸がん検診の費用6,000円~15,000円を加算したのが婦人科検診の費用の相場です。

レディースドックの費用の相場

乳がん検診と子宮がん検診を同時に行うのが婦人科検診に人間ドックを組み合わせたのがレディースドックです。。 レディースドックの費用は、40,000円~80,000円が相場です。

病院により費用が違うので個別に調べる方法

乳がん検診も婦人科検診もレディースドックも病院により費用が変わります。そこで病院ごとに個別に費用を調べる必要があります。 一件一件調べるのは大変なので、ネットを使って調べると簡単に費用が分かります。 そんな時に活用すると便利なサイトが国内最大級の人間ドック予約サイト「MRSO」マーソです。 全国の900以上の病院が登録されており、条件を入れるだけで希望に近い病院が見つかります。

田川市の乳がん検診の費用を調べる
詳しくはコチラから

画像

乳がん検診の費用婦人科検診の費用レディースドック



乳がん検診の検査方法とは?

イメージ画像

マンモグラフィ検査とは

マンモグラフィー検査とは、乳房X線撮影装置を使って、乳腺に異常がないか確認する検査のことです。 乳腺エコー検査と違い、乳がんに進行する可能性がある乳腺の石灰化など小さな乳がんを早期に発見できます。 X線撮影によって体にわずかな量ではありますが放射線を受けて被ばくすることになりるので、お腹の胎児への影響を考えて、妊婦さんは受診することができません。 さらに、撮影の際に乳房を圧迫するので、痛みを感じる場合があります。 マンモグラフィー検査は、乳腺の密度が高いと有効性が低くなることから、乳腺の密度が高い20~30代の若い年代ではなく、乳腺の密度が低くなる40代以降の方に向いています。

乳腺エコー検査とは

乳腺エコー検査とは、乳房に超音波をあてて画像化することで、乳がんの有無を調べる検査のことを言います。 視触診ではわからず、マンモグラフィー検査でも判断しにくい小さいしこりでも発見することができます。 検査の際に乳房を圧迫するマンモグラフィー検査のように痛みを伴うことはありません。 また、マンモグラフィー検査のようにX線を使わないので被ばくのリスクが無く、妊婦さんでも安心して検査を受けられます。 検査に携わる医師の知識や技術の差が影響する場合があるので、より高い技術を持った医師の育成が課題だと言われています。 乳腺エコー検査は、20~30代といった若い年代の方が受けるように勧められています。

乳房MRI検査とは

乳房MRI検査は、磁気を発生するMRIを使って乳房を撮影して画像化する検査です。 マンモグラフィー検査・乳腺エコー検査を受けて乳がんの疑いがある時に乳房MRI検査が行われます。 マンモグラフィー検査のように乳房を圧迫して痛みが伴ったり、放射線による被ばくといったリスクもありません。 また、乳房の密度や大きさ、医師の技術に関係なくしこりを画像化することができ、縦・横・斜めいろんな角度から断層画像を撮影できるというメリットもあります。 MRIを受けれる病院がまだ少ない、造影剤を使えない人もいる、閉所恐怖症の人には向いていないなどのデメリットがあります。

乳がん検診のおすすめ病院を調べる
詳しくはコチラから

画像

乳がん検診の費用婦人科検診の費用レディースドック

乳がんの種類

乳がんには大きく分けて「非浸潤がん」と「浸潤がん」があります。

◆浸潤がん

周囲の組織に浸潤しながら広がり、リンパや血液の流れにのってリンパ節、骨、肺、肝臓、脳などに転移する可能性のある乳がんです。

◆非浸潤がん

がんが腺小葉や乳管内に留まっており、転移する可能性が低い早期の乳がんです。しこりをつくらないタイプが多く、症状はほとんど?られないため、検診で発?されるケースがほとんどです。非浸潤がんの段階で治療を開始すればほぼ治すことができますが、ほおっておくと浸潤がんに発展するケースもあります。

対応エリア



ページの先頭へ